• ホーム
  • プリリジーの効果と正しい服用方法

プリリジーの効果と正しい服用方法

愛する女性を、肉体的に満足させてあげる事は男の務めだ、と考える男性は少なくありません。
ですが頭ではそう考えても現実は、全然違っていたりします。
男性の中には、残念ながら早漏という症状を持ち、射精までの時間が短過ぎる人が少なくないです。
早漏の男性は、女性が絶頂に達する前に終えてしまうため、女性を満足させる、という役割を果たせないままに終わるケースが少なくありません。
早漏が厄介なのは、そんな風に女性を満足させられずに射精してしまうと、男としての自信を失い兼ねない事です。
早漏を意識する余り、余計に症状が酷くなったり、パートナーとの性行為を楽しめなくなったりします。
だからこそ、早漏の男性はプリリジーを利用して早漏治療を開始すべきです。
プリリジーには、早漏を治療する効果のある成分が豊富に含まれています。
治療効果が期待出来る具体的な成分としては、ダポキセチンです。
そもそも早漏の症状が起きてしまう主な理由は、脳内神経伝達物質であるセロトニンが不足してしまう事にあります。
ダポキセチンは、そんなセロトニンを多く分泌させる様に促し、セロトニンの濃度を高めて、過剰な興奮を抑える効果が期待可能です。
その結果、射精するまでの持続力を高める事が出来ます。
プリリジーは早漏を改善し、男性としての自信を取り戻す事が可能です。
ただしきちんと効果を得るには、正しい服用方法を実践する事が大切だったりします。
ただ服用すれば同じだと、いい加減な形でプリリジーを服用しても、期待した様な改善効果が得られないケースもあるので、服用の仕方にも十分に注意すべきです。
早漏の改善効果を高く得るためのプリリジーの正しい服用方法ですが、そのまま服用するのではなく、水かぬるま湯を使い、服用する事をおすすめします。
こうする事で、薬の有効成分が溶け出し、身体に影響を与え易くする事が可能です。更に有効成分であるダポキセチンは、服用後1時間から3時間で、最高血中濃度になります。
なので性行為の1時間から3時間程前に服用する事で、高い持続力アップ効果を期待する事が可能です。

プリリジーの副作用に吐き気がある?

プリリジーは服用するだけで、早漏の改善効果が期待可能な治療薬です。
しかし薬である以上、身体にある程度の負担を掛けてしまう事になるので、注意が必要です。
特により高い改善効果を得たいと、1度に大量にプリリジーを服用する事は絶対に避ける必要があります。
その様に無茶な服用の仕方をすると、身体に余計な負担が掛かり、副作用が生じる可能性が高いです。
プリリジーにより、生じる可能性が高い副作用には様々ありますが、吐き気や頭痛といった体調不良が起こるケースが少なくありません。
吐き気や頭痛が起きてしまうと、愛する女性と性行為を行うどころではなくなるので、無理な服用の仕方をして、身体に余計な負担を掛けない様にする事が、プリリジーを服用する際には大事です。
副作用として他にも、下痢や目まいといった症状を訴える人も多かったりします。
副作用が起きる条件としては、やはりプリリジーを多めに摂取してしまう事で、起きる可能性が高いです。
特に注意が必要なのは、効果を期待し過ぎる事であり、最初に服用して持続力アップ効果が期待した程に得られないと、摂取量を増やして効果を高めようとする人が少なくありません。
ですがプリリジーは服用すればするだけ、単純に持続力がアップする訳ではなく、必要量以上摂取すれば、身体に負担が掛かり、副作用が起こり易くなるので注意すべきです。
実際、プリリジーの服用量が増えれば増える程に、副作用が生じる可能性が高くなっています。
許容量でも体質によっては、身体に大きな負担が掛かる事もあるので、単純に摂取量を増やすという方法はおすすめ出来ません。
プリリジーによる効果がいまいちだと感じた際は、摂取量よりも摂取するタイミングを変えた方が、無理なく効果を高める事が期待できます。