• ホーム
  • ラブグラは通販サイトで入手!

ラブグラは通販サイトで入手!

ラブグラは女性の不感症や絶頂不全に効果がある薬です。男性の勃起不全治療にも利用される有効成分シルデナフィルが含まれています。
男性のペニスは海綿体に血液が流入することで勃起します。女性のクリトリスにも同様の構造が存在します。
海綿体を膨張させるメカニズムとしては、まず性的な刺激が血液中の一酸化窒素を増加させます。
一酸化窒素が増加するとグアノシン一リン酸が増加します。
グアノシン一リン酸には血管を拡張する働きがあるので、増加するとペニスの平滑筋を弛緩させます。
普段は平滑筋が海綿体への血液流入を阻止しています。
グアノシン一リン酸の増加により平滑筋が緩むと、血液が海綿体へ流れ込み勃起が起こります。
ペニスとクリトリスは同様のメカニズムによって勃起します。
勃起不全は5型ホスホジエステラーゼという酵素が、グアノシン一リン酸を分解することで起こります。
ラブグラの有効成分であるシルデナフィルは5型ホスホジエステラーゼの働きを阻害します。
その結果としてグアノシン一リン酸が増え、海綿体への血流量が増加することになります。
ラブグラを服用すると女性器周辺の血流量が増加し、クリトリスが勃起しやすくなるだけでなく膣分泌液の量を増加させます。
膣分泌液は性行為時に潤滑剤の役割を果たします。女性の身体においてクリトリスは重要な性感帯です。
ラブグラを服用するとクリトリスが敏感になり、性的興奮を感じやすくなります。
また膣分泌液の量が増加するため、スムーズな性行為ができます。
膣分泌液が少ない状態で性行為を行うと挿入が困難だったり、女性が不快感や痛みを感じます。
そのため不感症や絶頂不全の原因となります。
ラブグラには膣分泌液を増やす効果があるので、ペニスを挿入する際の不快感や痛みを緩和する効果が期待できます。
ラブグラは不感症や絶頂不全の治療薬として人気ですが、入手するのは個人輸入を行う必要があります。
インターネットの個人輸入代行サイトであれば、一般的な通販サイトと同様に注文可能です。

ラブグラには偽物が存在する?本物との見分け方は?

ラブグラはインドの製薬会社であるアジャンタファーマ社が製造・販売しています。
日本国内では製造されていないので、入手するには個人輸入が必要です。
インターネットの個人輸入代行サイトを利用すれば、安価に購入できます。
ただし通販サイトの中には偽物を扱っているものも存在するので、注意が必要です。
ラブグラは避妊薬ではなく、不感症と絶頂不全の治療薬です。女性器周辺への血流量を増加させて、性行為時の潤滑剤となる膣分泌液の量を増やします。
性行為をスムーズに行うためにローションを使用する場合もあります。特にオイルベースのローションはラテックス製のコンドームを脆くし、避妊や性感染症防止の効果を弱めるので注意が必要です。
ラブグラの服用により増加する膣分泌液は、人体に備わった自然のローションです。コンドームを脆くし、避妊効果を弱める心配はありません。
副作用には皮膚発疹などのアレルギー症状やほてり、頭痛、動悸、めまいなどがあります。
ラブグラの副作用の多くは血管拡張効果による軽度なものですが、異常を感じた場合には医師に相談するのが合理的です。
また血圧と関係する硝酸剤などの薬と併用することはできません。高血圧・低血圧の場合や、心臓や肝臓などに問題がある場合も使用できないので注意が必要です。
個人輸入代行サイトを通してラブグラを購入し服用する場合には基本的に自己責任です。副作用などには十分注意する必要があります。
また通販サイトを選ぶ際には信頼性を確認した上で注文することが重要です。ラブグラの偽物も多数流通しています。
本物はインドのアジャンタファーマが製造・販売しているものだけです。ラブグラは水の中に入れることで本物と偽物を判別できます。
本物は2分ほどで溶け始めますが、偽物は10分を過ぎても溶けません。ラブグラは1錠あたり300円ほどで販売されています。
極端に安い価格を提示している場合には、偽物の可能性が高いので注意が必要です。