不感症の原因は?

満足をする男性

不感症というのはなかなか人に相談できない悩みですが、不感症の悩みを抱えている人は意外とたくさんいると言われています。
その原因は精神的なものとの躯体的なものがあり、性機能に何らかの影響が出てしまうということです。
精神的な原因としてはセックスに対する不安や緊張、恥ずかしさなどが挙げられます。
これは子供の頃から性に慣れていないことや性に対する厳しい境域が影響してしまうことがあります。
この場合は触れることへの恐怖や自身に対する罪悪感が芽生えてしまうこともありますし、セックスに対して嫌悪感を抱きやすくなるとされています。
身体的な原因には冷え症や生理不順などの問題が考えられます。
また、ストレスからくる体調不良などが原因で不感症になってしまう人もいます。
体調不良によって不感症になってしまう人はかなり多いですが、そのような不感症は一時的なものです。
また、体調の回復によって少しずつ治っていくでしょう。
他にも病気や怪我の時に服用した薬が原因となってしまうこともあります。
不感症になると一人で悩む人が多いですが、実は男性にも原因が隠れていることがあります。
女性にとってセックスというのは全てを見せることであり、慣れていない人は恥ずかしいと感じやすくなります。
また、好きな相手だからこそ嫌われたくないと感じてしまうこともあるでしょうし、緊張してしまう人も多いとされています。
男性とのスキンシップが不足している場合やパートナーとの信頼関係が構築されていない場合も不感症の主な原因です。
男性によっては体への触れ合いが少ないこともありますし、ムード作りが上手くないということもあります。
しかし、セックスで高揚感やオーガズムを感じられなかった場合、それ以降のセックスに対して消極的になってしまうということです。
相手におざなりに扱われていると感じた場合、信頼関係に影響が生じてしまいます。
パートナーとのセックスで愛撫やスキンシップが短い場合は不感症の原因になってしまうことがあります。
女性の体は男性のようにすぐに性的な刺激を感じられるわけではありません。
好きな相手とのスキンシップや雰囲気によって気分が高まりますし、気持ち良いと感じられるようになります。
触れ合いがないと男性を受け入れる準備が整わないことを知っておきましょう。

不感症は先天性や後天的の原因もある

不感症には先天性のものと後天性のものがあります。
先天性は生まれつきであり、後天性は一定の年齢を過ぎてから起こるものを指しています。
先天性の不感症の場合、膣が通常よりも薄くなっていることがあります。
その場合は膣が狭くなっており、痛みを感じやすくなってしまうということです。
また、クリトリスを包んでいる包皮も厚くなっているため、普通の女性よりも性的刺激を感じにくくなってしまうでしょう。
後天性の不感症の場合、身体的や精神的な原因があると言われています。
性的な刺激を受けても膣が濡れない場合や気分が高まらない場合などは不感症の可能性があります。
これらを改善するためには心身共に健康な状態を保つことが重要です。
セックスの最中に緊張してしまうことや日常的なストレスを抱えていることが不感症の原因になってしまうこともあります。
また、不規則な生活を繰り返している場合や冷え性の場合、更年期などが原因になることもあるので注意しましょう。
女性がセックスで気持ち良くなれないという場合、病気や体の不調が関係していることもあります。
また、ホルモンバランスが乱れて女性ホルモンが少なくなってしまうこともありますし、性的な感情が薄くなってしまうなどの原因も挙げられます。
先天性の場合でも後天性の場合でもセックスによる刺激を感じにくくなっており、どれだけ刺激を与えられても気持ち良くなれないことがあります。
好きな男性とセックスをしても反応できないことがあるため、男性に別れを告げられてしまうこともあるかもしれません。
また、男性が頑張っているのに気持ち良くなれないことに罪悪感を抱いてしまうという女性も多いです。
オーガズムを感じられるようになりたいという場合、感情や神経、ホルモンバランスなどをきちんと整えることがポイントです。
婦人科や心療内科などで相談しても良いですし、エステやマッサージなども効果があると言われています。