• ホーム
  • 女性用の媚薬は本当に効果があるの?副作用は?

女性用の媚薬は本当に効果があるの?副作用は?

インターネットの広告などで見かけることの多い女性用の媚薬で性的快感を高めることについて気になっている人も多いでしょう。
このような薬は性行為における女性の感度を高める効果があると言われています。
しかし、直接口にするものですし、効果だけでなく副作用についても確認しておくと良いでしょう。
媚薬とは主に性的興奮や感度を上げる薬のことであり、古代ローマ時代やギリシャ時代の頃には存在が確認されています。
また、媚薬の効果を持つと言われる食材が使われてきたこともありました。
女性の興奮や感度アップに効果があるとされているのは、マカやガラナ、ザクロ、高麗人参、大豆イソフラボンなどの成分です。
これらは昔から使われていますし、天然由来の成分なので安全性も高いことがポイントです。
恋人やパートナーに使ったら普段よりも楽しめたという口コミや刺激的な体験ができたという口コミが多いです。
飲むタイプの媚薬にはさまざまな成分が使われますが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を促す成分やエストロゲンに似た働きをする成分、血流を促進させる成分はほとんどの商品に含まれています。
女性の性欲を左右しているのは女性ホルモンのバランスであり、生理前はエストロゲンの分泌量が増えるので性欲もアップするということです。
そのためエストロゲンの分泌量を増やす薬を飲むことにより、生理前と同じような状態を再現できるということです。
香水タイプの媚薬には相手を惹きつけるという効果があります。
実は人の印象は嗅覚によって大きく左右されることが分かっており、人間は性フェロモンの強い相手を見極めることができるとされています。
そのため香水タイプの媚薬で性フェロモンを増やすことにより、気になる相手の視線を独占することができるでしょう。
塗るタイプの媚薬には感度をアップさせる効果が期待できます。性器の感度は血流によって変化すると言われています。
血流が良くなると性器周辺の温度が上がりますし、神経の働きが活発になります。そのため普段よりも刺激に敏感になるということです。

女性用媚薬の副作用は?

女性用の媚薬は本当に効果がありますが、副作用についても確認しておきましょう。
性行為を楽しむために使った薬で大切な恋人やパートナーの健康に影響が出てしまったら大変です。
媚薬の副作用としては下痢や嘔吐、眩暈、視覚異常、血圧異常、臓器への負担などが主に挙げられます。
媚薬の中には神経を高ぶらせるものが多いため、疲れている時に眠れなくなったという口コミもあります。
また、媚薬を使用した前後の記憶が欠落してしまう記憶障害なども報告されており、異変を感じたらすぐに使用をやめて病院を受診しましょう。
場合によっては死に至る危険性もあると言われています。女性は男性と違い、精力がそのまま性欲に繋がるわけではありません。
そのため女性の気分を高めるために苦労している男性も多いでしょう。
女性用の媚薬は自然と女性をその気にさせてくれるアイテムであり、インターネットだけでなくドラッグストアなどでも販売されています。
誰もが気軽に購入できるようになりましたが、よく考えずに使用してしまうと副作用が起こってしまうこともあります。
媚薬の副作用として最も多いのが下痢や嘔吐といった消化器系の症状です。
成分が体質と合わないこともありますし、原材料によってはアレルギーを発症してしまうこともあるので注意しましょう。
服用をやめても症状が改善しない場合は内科などを受診する必要があります。
最も注意が必要なのは血圧が変化するという副作用です。媚薬の中には血流を改善する効果のある成分が含まれていることが多いです。
一気に血流が良くなることで血圧が低下してしまうこともありますし、心臓に負担がかかってしまうこともあるので注意しましょう。
日頃から自身の血圧を把握しておくなどの対策が効果的です。